[-秘密基地01-試練場-]
<< April 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
最近の直談
試練場【最新の一枚】

呟記

秘密基地01管理人の日記。
<< Tokubai QuestTOPDSの足枷 >>
他人の不幸は蜜の味
Papa told me

その端正な顔立ちの長身の男は
まだ釈然としていない私に、もう一度説明してくれた。

「先ほどから申し上げておりますが
当社に貴方の不幸を買い取らせて頂きたいのです」

「はぁ……それはわかりましたけど、いや実質的にはわかりませんけど
つまり、どういうことですか? 私をどうしたいんですか?」

さっきから、不幸、不幸と人を貧乏神だか疫病神のように言われ
流石にカチンときていたし、話の主旨はわかっても
それが何を意味するかが判断できないことに
苛立ちは募っていたから、つい声を荒げてしまった。


確かに現在、私はとても不幸ではある。
両親は去年の暮れに多額の借金を残して失踪するし
長年付き合っていた彼氏には浮気された上で捨てられたし
挙句の果てに人員整理で会社もリストラ。

そんな身も世もない風体でハローワークからの帰り道に
この色男に呼び止められたのだ。

「つまりですね。
当社は長年の研究により、不幸の結晶化に成功しました。
これはどういうことかと言うと……聞いてます?」

「聞いてはいますよ……でも、わかってはいないです」

この整った顔立ちの男性に誘われてしまっては
すっかり弱った心で抗うことは難しく
この喫茶店でこうやって、彼の話を聞く羽目になったわけで。

「そうですか。……わかりました。
それでは一度お試し頂きましょう。ちょっと待ってくださいね」

彼は抱えていた黒い鞄から、テスターのような器具を取り出すと
テーブルの上に置いて、そこから生えた端子を私に差し出す。

「すみません、キャップを外してこれを咥えて頂けますか。
大丈夫です大丈夫です、ちゃんと消毒されてます。
そうして右の手のひらは、そうそう、こちらのパネルに」

いそいそと準備する彼に言われるがまま
コードの繋がったもんじゃ焼きのヘラみたいな金属を咥え
器具の上に描かれた右手のシルエットに、掌を乗せる。

チラリと彼の方を向くと、じっとこちらを見ている。
ついドキリとする。
彼がそれじゃあ行きますよ、と言ったが早いかスイッチを入れた。
ピリリと、軽く電流が走ったような感触がした。
痛くはないが、少しこそばゆい。

一拍置いて、目の前の彼が問うてきた。

「どうですか?今、不幸を感じますか?」

言われてみれば、何だか気持ちが軽くなったような。
いや、フラットな気分になったと言った方が近いかもしれない。

「まぁ。少し違う感じはします」

仕事が見つからないことの焦燥感や
借金に対する不安感、そういったものを忘れた訳ではないけど
心の中に溜まっている感じはかなり薄れた気がする。

私の返事を聞いて、彼は満足げに頷くと
テスターの上蓋を外して、中から小さな何かを取り出した。

「これが不幸の結晶です」

彼のきれいな親指と人差し指に摘まれた、真珠のような大きさのそれは
そのサイズには不釣合いなほど、雑多な色のマーブル模様が刻まれ
じっと見ていると、そこはかとない嫌悪感を感じた。

そこから彼は更に雄弁になり、その結晶の使い道として
装飾品に使われていることや、それがもたらす幸福感のこと
(他人が持つと、不幸の結晶は逆に作用するらしい)
不幸の度合いによって結晶の大きさや色が変化すること
私の結晶が思ったとおり、品質が良かったことなど
ものの数分間にまくし立てた。

その全てが相変わらず胡散臭く、信用はおけないけれど
確かに一時的ながら、心が楽になることはわかったし
その上で報酬も頂けるというのなら
その仕組みがどうあれ助かる、非常に助かる。

結局、私はなし崩しに契約書に判を押し
契約不幸家(彼はそう呼んでいた)となった。

帰り際に彼は、あんまりしあわせにならないで下さいね、と
冗談なんだか本気なんだかわからない顔で言っていた。


それから定期的に不幸を買い取って貰うため
彼と会い、不幸の抽出がてら、世間話と近況報告をする。
そうして結晶の出来により報酬を貰った。
相変わらず仕事は見つからないままではあったけど
そこそこ食べていける程度には頂けたこともあり
私は寧ろ、自分の不幸の品質を上げることに興味が出てきた。

曇りの日に、敢えて傘を持っていかないとか
嫌な店員のいる時間にお店に行くとか
進んで不幸が予測できる選択をするよう心がけた。
結果、わかってきたことはわざと自分が困ることをしても
あまり品質には影響しない。どちらかと言えば悪くなる。
自ら選んでしまっては、不幸とは違うのだ。体は正直。

相変わらず普段から不幸ではあったし
時々、虚脱感に襲われることもある位には滅入っていたけど
それがお金になると思うと少し平気になってきたせいか
ここのところ、品質が落ちてきたと言われてしまった。
確かに、不幸に対して鈍感になった気はする。

今ここで契約を切られてしまっては唯一の収入源がなくなるし
かと言って、もっと不幸になるよう自分に仕向けても
それがいい結果になる訳ではないことも知っている。


この都合のいい話も、そろそろ潮時かと思い始めた頃。

「非常に申し上げにくいのですが
今回で契約は打ち切らせていただくことになりました」

いつもの喫茶店で、彼は座席に着くなりそう切り出した。
私はえ?と言ったまま、何も喋れず、彼の言葉を待っていた。
長引く不況のためか、契約不幸家の数が増えてきたため
品質の低い者を切ることになったということを
彼は機器を取り出しながら、淡々と語った。

私は、ついに来たか、と思いながらもショックを隠しきれない。
最後の抽出を行うため、いつものように例の端子を咥え
掌を置いたつもりだったが、端子のキャップを外していないことを
彼に指摘され、ひどく恥ずかしい思いをした。

スイッチが入れられ、口中にピリリと微痛が走る。
心なしか、いつもより痛い。



今までに見たこともないような模様、サイズだった。
彼はその結晶を指先で弄びながら、契約時に見せたような
満足気な顔で私に向き直った。

「あの、さっきの話。嘘なんです。
すいません。本当にすいません」

また、え?という顔のままで固まっている私。
彼が言うには、長らく契約を続けていると
その安心感から、どうしても品質が落ちるため
テコ入れとしてこのようなサプライズを行うのだと言う。

「ただ、この手は一度しか使えないんですけどね」

苦笑いをする男前を見つめながら
心底、ほっとしている自分に気づいた。

お詫びと言ってはなんですが、と今回の報酬は随分と高額で
言わばボーナスのようなものなのだろうと思った。
帰り際、去っていく彼の背中に両手を合わせて感謝した。


最近思うのだ。
私の不幸は、彼の会社によって作られたもので
両親の失踪、恋人との破局や会社のリストラも
仕事が見つからないのも、信号が直前で変わるのも
並んでる列に横入りされるのも
食べたいスイーツが品切れするのも
すべて仕組まれたものなんじゃないかって。
そう考えれば、あの時に都合よく
彼が話を持ちかけてきたことも納得が行く。

だとして、それが今の私に何のデメリットがある?
あくせく働かず、日々適度な不安に苛まれて
時折、ハンサムな男性とお茶をする。
それはそれで、しあわせなんじゃないか、って。

おっと、それじゃいけない。
私は不幸でいなければならないのだ。



ということで、久々にショートストーリー。
いわゆるSF、少し不思議方面です。
タイトルがすごい釣り臭いですがまぁご勘弁を。
comments(0) | -
コメント
コメントする
コメントには、適度な改行をお勧めします。










コミックダッシュ! yuzawara の所有コミック
Amazon.co.jpアソシエイト
    Follw Me!


    Powered by SecretBase01 All Rights Reserved, © yuzawaraKID